読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(報告)ジェンダーと天皇制 第2回「女性皇族の行方」

講座の第2回は「女性皇族の行方」、レポーターは女天研の近藤和子さんでした。2016年4月20日(水)、文京区民センターにて開催。

議論の素材として4つのエピソード群、①「女性にとって最も大切なのは子どもを二人以上産むこと」発言、②「Princess Masako」、③『皇后考』と『古代東アジアの女帝』、④皇室典範の改正問題:皇統の危機、を小テーマにそれぞれ豊富な資料をもとにレポーターが紹介した。
 国による人口政策の問題と皇后や皇太子妃への「世継ぎ」重圧の問題、その皇后の象徴天皇制における役割など、沢山のエピソードを聴いていくうちに何となくそれぞれの問題がつながっていく。そして、「女性天皇」や「女系天皇」、あるいは「女性宮家」容認のための皇室典範「改正」問題が浮き沈みする状況から、現在の政府見解、「男系による皇位継承の安定的維持を可能とする方策について、あらゆる観点から検討する」という方針を紹介。国連女性差別撤廃委員会が出そうとした「皇室典範」の「男系男子による継承」規定を女性差別であるとする勧告案に、日本政府が「差別ではなく伝統」と開き直ったクレームを出して勧告から削除させた件も、ホットな情報として出された。
 大皿に山盛りという感じに提示されたエピソード群から、男系継承、天皇制維持のための女性宮家女性天皇容認問題、この女性宮家女性天皇容認で一歩前進と考えられそうな「常識」をどう考えるか、このような言論が日本社会のジェンダー意識にどのように関係していくのか、というところを論点にして議論開始。
 皇位継承のあり方について政府の見解が女帝や女性宮家容認でないとすれば、どんなものが出ているのかという意見から若干の意見交換。明確には出されていないが、右派から実際に出ている案には旧宮家復活論や養子縁組などがあることを紹介し、それらは家制度や家父長制復活しかイメージできず、会場はウンザリ。世界の王族は継承者問題で消滅していくのだが、とレポーター。
 さらに、皇后を始めとする女性皇族について、慰問や慰霊など慈愛の象徴、優しく暖かいというイメージを作り出しているが、それはかなり浸透しているのでは、という意見。また、それは女性皇族だけでなく、天皇一族の役割がそうであり、そういう意味では天皇制自体がジェンダー的には女性的な役割を帯びているという意見。そういった天皇制社会における女性皇族のメディア報道、さらにその女性皇族の言動に対する一般的な反応の恣意的な報道、という状況全体は、社会全体に影響を及ぼさざる得ないだろう、という意見。そういったことは、天皇制を使うためにあるいは延命させるために戦略的になされているのではないか、という意見。議論は少しずつ展開した。
 また、家族モデルとしての天皇一家という役割はいまも生きているのか、という議論もなかなか面白かった。現天皇が皇太子時代に結婚したときの新しい家族モデルというイメージは、現在的には追いかけようもない幻のような家族ではないか、という意見や、それでもそれを規範とするような風潮はあるのではないか、という意見。むしろ崩壊しかかっているかにみえる現在の皇太子一家がより現実の家族の苦悩に近くてシンパシーを持つ人がいて、そういう意味でも家族モデルとしての天皇制は難しいのではないか、という意見。まったく自分たちとは違う存在(権威の人)を求め、そういう人に慰められたいという欲求が社会的に大きくあり、だから特別の家族としてみているという意見。最後に、天皇家を家族モデルとされるのが一般的であるとしたら、皇位継承権が女性にもあるという方向に持って行った方が、ジェンダーの問題としては一歩前進という論も成立するけどどう? という問いかけが出た。それに対して、天皇制維持には反対だけど男性だけというのはおかしいということも言い続けたいし、天皇家の女性たちが病気になるようなひどい状況をなくしていきたいと思う、という意見。しかし、それは天皇制をなくさないかぎりなくならない…。実に沢山のことを議論しあった。
 議論全体を結論的にまとめられたわけではないが、出された視点はどれも見落とせない。次回以降にも活かしていきたい。(桜井大子)